50代。離婚で少々疲れてます。

疲れた心がちょっとだけ元気になれる、日常の小さな幸せ探しのブログ

おやじギャグが私を救う。

こんにちは。あかねです。

今日は朝から夏の青空が広がり、蝉たちも絶好調!

本格的な夏がやって来たなぁという感じです。

 

さて、今日は日曜日。

私は日曜の朝、ちょっと楽しみにしていることがあります。

それは、NHKの「おはよう日本」というニュース番組の気象情報。

担当されているのは気象予報士の南利幸さんです。

南利幸 - Wikipedia

 

南さんは兵庫県出身の1965年生まれ。

私と同い年かと思ったら、3月生まれなので学年は1つ上の先輩です。

ご存知の方もいらっしゃると思うのですが、この方、お天気情報にちょこちょことダジャレを交えてきます。

 

例えば今日はこんな感じ。

南さんはお天気のコーナーで、ご自身で撮影した季節のお花や昆虫の写真をよく披露されるのですが、今日はカンナという夏のお花の写真でした。

これは去年私が撮影したカンナの花。

 

今日、ご自身で撮影したオレンジのカンナの花の写真を紹介された南さん。

 

「カンナは夏の暑さの中、凛と咲いている姿が美しいです。暑さに負けてはいカンナ。」

・・・・・・・・。

 

お天気は番組の女性キャスターとともに伝えているのですが、歴代の女性キャスターが「うっ・・」とか「あっ・・」とか、困惑したりフリーズしたりするのがまた面白くて。

誰か忘れちゃったけど、上手にダジャレで返している人もいました。

 

また、今日は番組のエンディングで埼玉にある「古代蓮の里」の映像が流れ、男性キャスターが、

「カンナもいいけど、蓮もいいですね。南さん!」

と振ると、

「そうですね~。気持ちはハッスで!」

・・・・・・・・・。

「お時間でございま~す」

 

と、男性キャスターが締めくくり、番組は終了。

 

始めの頃は、何?この人?

と思っていましたが、次第にこれを聞く(というよりはこれが発せられた場の空気感を見る)のが楽しみになっています。

ニュースの内容が深刻なものだったりする日にはさすがにないので、そんなときはちょっとさみしくなります。

 

若い頃の私は、おじさんたちから発せられる「おやじギャグ」に対しては「塩対応」でした。

でも最近は、いろんな意味で可笑しくてしょうがない。

今の職場にも一人、時々おやじギャグを発する人がいます。

先日その方がお昼の時間にカップの味噌汁を作ろうとしていたら、味噌が誤ってデスクの上に飛び散ってしまいました。

「うわぁ~やっちゃったよ、どうしよう・・・手前味噌。なんちゃって・・・」

 

昔だったら塩対応の私ですが、この時はなんかツボにはまって可笑しくて可笑しくて・・・

 

最近はお笑い芸人さんの名前もわからないし、ネタを見ても

「?」

となることも多い私ですが、今のそんな私を救うのは他でもない、体感温度も急降下するほどの「おやじギャグ」なのかもしれません。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 季節感のある暮らしへ