50代。離婚で少々疲れてます。

疲れた心がちょっとだけ元気になれる、日常の小さな幸せ探しのブログ

懐かしの80年代。

f:id:akane2020:20210303235644j:plain

こんにちは。あかねです。

 

 金曜日の夜はゆっくり音楽を聴いて過ごしています。

今週はふとこの曲を思い出し、頭のなかでずーっと流れ続けていました。

 U.S.A. For Africa - We Are the World (Official Video) - YouTube

 

 あらためて見てみると、なんて豪華な面々!

 

当時のヒットチャート(この言い方も、もう古い?)に名を連ねたアーティストたちが次々登場し、一つの歌を歌いつないでいく。すごいすごい、すごーい!

 

今さらながら

「おぉ~」

と、思わず鳥肌が立ってしまいました。

 

この曲、「We Are The Wold」が発売されたのは1985年。

「U.S.A. For Africa 」と称して、アフリカの飢餓と貧困の救済のために 作られました。

 

作詞・作曲はマイケル・ジャクソン、ライオネル・リッチー。

プロデューサーはクインシー・ジョーンズ。

 

マイケル・ジャクソンが亡くなってから、もう10年以上たつのですね・・・

 

世界で一番売れたというアルバム「スリラー」は、うちにもあります!

(しかも今となっては再生する術のないレコード盤!)

 

それはさておき、今のこのコロナ禍で、このときのような企画ってできないものだろうか?と、ふと思ったのです。

 

たとえば、全世界の医療従事者に向けて、様々な国のアーティストが、感謝の歌を歌いつないで配信する、みたいな・・・

 

とか考えながらネットを見ていたら、約1年前のこんな記事を見つけました。

www.excite.co.jp

 

ライオネル・リッチー、やはり考えていたんですね。

そして去年の5月、自身が審査員を務めるオーディション番組で、コロナ対策支援版「We Are The Wold」を披露していたようなのですが、残念ながら動画は見ることが出来なくなっていました・・・

 

www.vogue.co.jp

 

音楽や歌には、人を元気にしたり、癒したりする力があります。

そして発信力のあるアーティストの楽曲は、強いメッセージとなって多くの人に影響を与えます。

 

こんなご時世だからこそ、1985年の時のように、発信力のある全世界のアーティストが国の垣根を越えてひとつの楽曲を作る、みたいな企画が実現するといいのになぁ、と、思うのであります。

 

そして懐かしの1980年代は、いい音楽にあふれた良き時代であったなぁと、つくづく思うのでありました。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 季節感のある暮らしへ