50代。離婚で少々疲れてます。

疲れた心がちょっとだけ元気になれる、日常の小さな幸せ探しのブログ

青いカラス?

     f:id:akane2020:20211107210807p:plain

こんにちは。あかねです。
実は最近眼の調子が悪く、先日眼科を受診しました。

今回の症状

症状としては
 
①目が乾く。
②以前よりもぼやける。
③視界に黒い影がチラつく飛蚊症の症状が前より悪化した。
 
私は元々視力は良いほうで、ずっと1.2~1.5くらいまでは見えていたので、眼鏡やコンタクトとは無縁の生活を送ってきました。
 
しかし40代半ば頃から次第に手元がぼやけ始め、仕事のときだけ眼鏡をかけるようになったのです。
 
そして最近は手元だけじゃなく、全体がぼやけるようになってしまいました。
 

診察の結果

ドライアイはかなりひどい状態だったらしく、点眼薬を処方してもらいました。
おかげ様で最近はちょっとラクになりました。
 
ぼやけるのは特に病気ではなく、やはり加齢によるもの。
次回新しい眼鏡の処方をしてもらうことにしました。
そして飛蚊症は、病的なものでないか調べるために眼底検査をすることに。
 
飛蚊症の原因には生理的(加齢)なものと病的なものがあり、病的な症状の場合には網膜に穴があいていたりするそうなのです。
そうなると、治療や場合によっては手術も必要になるとか。
 

眼底検査

さて。
この眼底検査が、結構大変でした。
 
経験のある方ならご存知だと思いますが、眼底検査をするためにはまず、瞳孔を広げるための目薬をさします。
効果がでるまでおよそ30分置いてから眼球の写真を撮ります。
 
検査の結果、右の眼球に気泡のようなつぶつぶがたくさん写っていました。
これがチラつく黒い影の原因。
今回は病的な要素はなく、加齢によるものと診断されました。
まずは一安心。
 

ホワイトアウト

ただ、問題はこのあとです。
この検査のための目薬をさすと、光がまぶしかったり視界が狭くなったりという状態が4~5時間続きます。
 
眼科を受診したのは日曜の昼間。
この日はとんでもないほどの快晴の日でした。
診察が終わって会計を済ませ、室内にいるときはさほど感じなかったのですが、1歩外に出ると・・・
 
うわっ! 眩しいっ!
 
道路の白線とか横断歩道が異様に光を放ち、
一瞬ホワイトアウトのような状態に。
 
両目を開けているのもままならず、片目ずつ目を細めながらなるべく日影に入るようにして、急いで帰ることにしました。
 

青いカラス

そんな状態で歩いているとき、斜め前方に一羽のやけに大きいカラスが舞い降りて、こちらに向かってトコトコと歩いて来ました。
 
「なんか大きいカラスだなぁ」
と思いながらカラスのすぐ側まで来ると、びっくり。
「え?」
 
このカラス、青かったのです!!
突然変異か?
 
いやいやいや。
 
このカラスが青く見えたのは、たぶん私だけ。
そう、きっとこの目薬のせいです。
 
カラスの羽って、光の当たり具合でちょっと青っぽく光って見えることがありますよね。
おそらくそれが強調されて、この時の私の目には青く映ったのだと思います。
 
カラスも青いとちょっとイメージ変わるなぁ・・・
ちょっとカッコイイというか、神々しい感じ?
 
な~んて思った次の瞬間、路上でみかんを売ってたおじさんの
おやつのパンが入ったビニール袋をあっという間に漁りだした姿を見てしまい
 
「あ~ぁ、やっぱりカラスはカラスだな。」
と、思ったのでした。
 

おわりに

この眼底検査、3か月に1回受けるようにと言われました。
次は暗い時間にするか、サングラスを用意しようかな。
 
飛蚊症は加齢によって現れる症状だと思っていて、
病気が原因の場合もあるということは知りませんした。
 
症状があって気になる方は、一度検査を受けてみると良いかもしれませんね。
 
ただし検査後は視界が狭くなったり、光が眩し過ぎてホワイトアウトになったり、
カラスが青く見えたりするので要注意です。
 

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 季節感のある暮らしへ