50代。離婚で少々疲れてます。

疲れた心がちょっとだけ元気になれる、日常の小さな幸せ探しのブログ

お花のチカラ。

f:id:akane2020:20220227131619j:plain

こんにちは。あかねです。

午前中に駅まで歩いて買い物に出かけました。

お天気がよく、強い南西の風が吹いていて、春の空気に入れ替わるんだなぁと実感しました。

今日、またお花を買ってきました。

昨日からちょっと気になっていて、今の自分には必要なのだと感じたので。

 

お花の色による作用

ピンクのお花のブーケ。

「花風水」によると、ピンクのお花には精神的なストレスを緩和し、優しい気持ちにさせてくれる作用があるとされています。

こちらは昨日の仕事帰りに買ってきたガーベラ。

f:id:akane2020:20220227133700j:plain

オレンジのお花には、気分を明るくさせてくれる作用があります。

こちらはテーブルに飾っています。

見るたびに、ほっとした気持ちになります。

 

お花の種類による作用

冒頭の写真の、中央の淡いピンクはガーベラ、左がスイートピー。

ともに人間関係の滞りや縁に良い効果があるといいます。

左下、淡いグリーンのトルコキキョウと白いかすみ草には、イライラをやわらげ、精神を安定させてくれる効果が。

そして右のピンクはカーネーション。

溜まったストレスを流してくれる「解毒作用」があるそうです。

何気なく選んだけれど、どれも今の私に必要な要素ばかりでした。

これは玄関に飾ろうと思っています。

 

フィギュアスケートのことを少し

先週の日曜日は何をしていたかといえば、北京五輪の最終日で、フィギュアスケートのエキシビションに酔いしれていたのでした。

本来だといろいろな大会のエキシビションを観たあとというのは、燃え尽き症候群状態に陥ってしまうのですが、今大会は大丈夫だったのです。

なぜならば。

3月21日からフランスで、フィギュアスケートの世界選手権が行われるから。

ただ、ドーピング問題が解決していないので、ワリエワ選手の出場はないだろうなと思っていたのですが、今週の情報ではどうやら出場する予定のようでした。

私はもちろん彼女の演技は観たいけど、今回は出場させるべきではないと思いました。

彼女の周りにいる大人たちは同じチームの人たち。

彼女自身、世界からこの問題(ドーピング)に、あるいは自分にどんなに厳しい目が向けられているのか、よくわかっていないんじゃないかなと思ったんです。

誰もそれを教えてはくれないから。

世界選手権に出場して仮に優勝でもすれば、きっとさらに厳しい目が向けられる。

もしもそのことに気が付いたとき、彼女はどう感じるんだろうか・・・

と、思っていたのが今週前半までのこと。

木曜日、ロシアによるウクライナ侵攻が報じられ、戦争が始まってしまいました。

こうなってくると、ロシア選手の出場そのものもわからなくなってきました。

今のところISUは「変更はない」としているようですが、ロシアで行われるスポーツの大会などが次々中止になっていることを考えると、今後どうなるのかなと。

あらゆる方面に暗い影を落としますね。

 

おわりに

世界選手権が開催される頃、世界はどうなっているんだろう。

心が沈んでしまうから、今の私にはお花のチカラが必要です。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 季節感のある暮らしへ