50代。離婚で少々疲れてます。

疲れた心がちょっとだけ元気になれる、日常の小さな幸せ探しのブログ

朝から泣きそうになった話。

    f:id:akane2020:20211001202121p:plain

こんばんは。あかねです。

私は通勤で、毎日駅までバスを利用しています。

先月突然、利用しているバス路線が10月1日より別のバス会社へ運行を移譲するという発表がありました。

 

バスの時刻や運賃は変わらず。ただ、運行するバス会社が変わるだけ。

でも私にとってはこれがものすごくショックでした。

 

ここに住み始めてからはまだ3年目ですが、今まで利用していたバスというのは、路線は違いますが私が実家にいた頃に長年お世話になっていたのと同じバス。

なので安心感もあったし、バスの綺麗な色とかシートのデザインも好きで、すごく愛着があったんです。

日常的にもうこのバスに乗れないのかと思うと、淋しいというよりも、それがもういやでいやでたまらなかった。

 

そしていよいよ、いわゆるラストランの昨日。

帰りのバスを降りると、バス停で三脚構えてる方もいました。

 

もうここで、このバスに乗ることはないんだね。

今日までありがとう、さようなら。

なんだか胸が詰まる思いでした。

 

そして、10月1日の今朝。

今日にかぎっていつもより早出しなくてはならず、おまけに台風も接近中。

雨は降ってるしものすごく憂鬱で、足取りも重くバス停に向かいました。

 

始発なのですでにバスが止まっており、運転手さんの他にもう一人、バスの入り口に係員の方が立っていて、乗り込むお客様に挨拶されていました。

 

「おはようございます!本日より、○○バスが運行いたします。よろしくお願いいたします。」

 

その姿にちょっとうれしくなり、思わず

「よろしくお願いします。」と言って乗り込みました。

 

そして発車時刻になったので、バスは出発。

 

「発車いたします。」

「右に曲がりますので、ご注意ください。」

 

少し年配の運転手さんのアナウンスは、今までのバスでは聞いたことがないくらい、とてもとてもやさしく丁寧でした。

そして終点の駅に着く少し前。

 

「ご利用いただき、ありがとうございました。本日はあいにくの天候でございますが、皆様にとって今日一日が素晴らしい日となりますよう、お祈りいたします。本日は私☆☆が運転を担当いたしました。またの機会に車内でお目にかかれることを楽しみにしております。どうぞお気をつけて、行ってらっしゃいませ。今日一日、がんばっていきましょう!今日もがんばりましょう!!」

 

この、今までに聞いたことのない意外なアナウンスに、憂鬱だった気持ちが晴れてゆくようでした。

 

バス会社が変わったことなど、特に気にならない人にしてみれば何でもない事だと思うのですが、私のようにうじうじとしている人のために、せいいっぱいの気遣いをしてくれたんじゃないかと思ったら、涙がでそうになりました。

運転手さん、ありがとう。

 

そしてまだ続きがありまして。

実は今日の帰りも、この☆☆さんの運転するバスに乗ったのでした。

 

「今日も一日、お疲れ様でございました!運転は私☆☆が担当いたしました。またの機会に、車内でお目にかかれることを楽しみにしております。傘などのお忘れものをなさいませぬよう、お気を付けくださいませ。」

 

私も次に車内でお目にかかれるのを楽しみにしています。

これからも、よろしくお願いしますね。

Mr.Children 「NOT FOUND」 MUSIC VIDEO - YouTube

 

PVアクセスランキング にほんブログ村